文章をそのまま投稿すると恥をかく!?1人で出来る文章投稿のテクニック

今回は文章を書くのが苦手なあなたへ、あなたの文章のクセを見抜くテクニックをご紹介いたします。

あなたはSNSやブログ、ワードプレスに記事を書いたら、そのまま投稿していますか?それとも確認していますか?

多くの方は記事をそのまま投稿、もしくは文章を自分で確認していると思います。私も同じようにしていますが、大事な文章については、文書を書いたら友人に確認してもらいます。しかし、都度確認してもらうのは気を使うし大変ですよね。

そこでセルフで確認できる手段方法をお伝えいたします。その方法とは、wordの校閲機能を使うことです。その機能を使うと、

例えば「私を文章を書いた。」という助詞の間違いなどを指摘してくれます。

正しくは「私は文章を書いた。」ですね。

<校閲機能の使い方>

wordで文章作成すると、文章の上の青い部分に”ホーム”というタブ(ボタン)を見つけることができます。その青い部分の右の方に”校閲”というボタンを発見することができます。”校閲”というボタンを押すと左上に”スペルチェックと文章構成”というボタンが現れますので、そのボタンを押すと校閲できます。。

校閲すると、文章のクセや間違いが見つかると思います。ですので、一度使ってみると良いかもしれません。しかし、気をつける点もあります。内容は確認されません。日付の間違い、金額の間違いは見つけてくれないので気をつけてくださいね。

多くの方は記事をそのまま投稿、もしくは文章を自分で確認していると思います。私は文書を書いたら友人に確認してもらうことをしていますが、毎回毎回確認してもらうのは大変ですよね。

そこでセルフで確認できる手段方法をお伝えいたします。その方法とは、wordの校閲機能を使うことです。その機能を使うと、

例えば「私を文章を書いた。」という助詞の間違いを指摘してくれます。

正しくは「私は文章を書いた。」ですね。

<その方法>

wordの文章作成すると、文章の上の青い部分に”ホーム”というタブ(ボタン)を見つけることができます。その青い部分の右の方に”校閲”というボタンを発見することができます。”校閲”というボタンを押すと左上に”スペルチェックと文章構成”というボタンが現れますので、そのボタンを押すと校閲できます。。

校閲すると、文章のクセや間違いが見つかると思います。ですので、一度使ってみると良いかもしれません。気をつける点は内容まで確認してもらえない点です。日付が間違っていたり、金額が間違っていたりはWordは見つけてくれないので気をつけてくださいね。

関連記事

  1. リピート率80%魔法のコンセプトとは?

  2. 知らないと困る!?お名前.comの「共用サーバー」の転送量は?

    お名前.comでHPの閲覧ができない!?